HOME金融用語の基礎知識 ⇒ この記事

ヘッジファンドとは

2007年10月03日

↓FX取引で稼ぐ秘訣はコチラです♪
為替ブログ FX初心者

↓FX取引に関する情報が得られますよ♪
人気blogランキングへ

ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドとは、欧米等の比較的少数の投資家から大口の資金を集めて、ハイリスクではあるがハイリターンを追求する投資ファンドのことで、ジョージ・ソロス氏率いる「クォンタム・ファンド」が有名です。

世界中に張り巡らされた情報網を活用し、各国の通貨や株・債券、商品市場などに投資します。
金融先物やオプション等のデリバティブ取引を用いて、少ない元手で莫大な利益を狙うレバレッジ効果を最大限活用することが特徴で、一日に数兆円規模の資金を集中投資することもあります。

ヘッジファンドの運用資産は90年代に入って急増し、99年末で3000億ドルを超える規模に達しました。
この背景には、
@デリバティブに代表される金融工学が発達した
Aアジアや東欧、中南米などエマージング市場の開放が進んだ
B日本の低金利が長期化して円キャリートレードを使った高金利通貨の運用が容易になった
などの要因が挙げられます。
特に、エマージング市場は規模が小さくて未成熟で、相場が大きく変動する傾向があるために、多額の資金を動かすヘッジファンドにとっては、短期売買を繰り返す投機により大きな収入源となりました。

↓FX取引で稼ぐ秘訣はコチラです♪
為替ブログ FX初心者

↓FX取引に関する情報が得られますよ♪
人気blogランキングへ

続きを読む
posted by fxintai at 13:58 | Comment(0) | 金融用語の基礎知識
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。