HOMEFX業者の選び方 ⇒ この記事

FX業者の選び方(2)

2007年09月18日

↓FX取引で稼ぐ秘訣はコチラです♪
為替ブログ FX初心者

実際にFX取引を扱っている業者は、主に5つに分類することが出来ます。

@独立系・ネット系
A商品先物系
B証券系
C短資・商社系
D投資顧問系

FX業者は約200社近くあるので、その中からFX取引する取引会社を選ぶのはとても大変なことです。
そこで、FX業者の選び方のポイントとして、

@取引内容の違い
A資本、社歴などによる信頼性
Bインターネットやモバイル対応か
C取引の簡易さ
Dホームページの見易さ、便利さ

などが挙げられます。

FX業者を選ぶ際に一番大事なことは、その業者が信頼できるか、ということが大前提となります。
2005年7月の「改正金融先物取引法」により、悪質業者はずいぶんと減りましたが、残念なことにFX取引を扱う業者の中には”顧客に誠意のない業者”が存在するのも事実です。
中には、レートをずらしたり、手数料を多く取る業者などもいます。
なぜ、こういったことがFX業者が出来るのか、というと、最近では少なくなってきましたがFX取引をインターネットではなく、電話取引で行う場合に、利用者がレートを確認できない、というところに悪質FX業者が目をつけるのです。
例えば、米ドルの買い注文の場合に、1ドル=100円で購入しているにもかかわらずに、顧客にはレートをずらした1ドル=100円50銭で購入したと伝え、余分に1ドルにつき50銭ほど、多く支払わせたりするのです。
なので、こうしたトラブルを避けるために、やはりインターネットで取引できる業者を選ぶのが望ましいです。
というのも、インターネットでは注文時点のレートが取引画面に表示されているため、自分がいくらで売買できたのかが分かるからです。

ただし、誰もがインターネットを使ってFX取引できるわけではなく、また、電話取引中心に行っているFX業者の中にもとても誠意のある業者も存在しているので、会社の実績や評判などを聞いて、信頼できる会社を選ぶといいでしょう。

悪質業者の見極め方として、家に訪問してきたり電話などで勧誘する業者は間違いなく悪質業者であるといえます。
なぜなら、金融先物取引法の改正によって、こうした行為が禁止されているからです。
法規制に準じていない時点で、悪質業者だと見極められます。
また、資料を取り寄せただけで、営業勧誘してくる会社があったら、その会社との取引は止めたほうが無難です。

↓FX取引で稼ぐ秘訣はコチラです♪
為替ブログ FX初心者
posted by fxintai at 09:00 | FX業者の選び方
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。