HOMEFX情報商材 レビュー ⇒ この記事

購入をおすすめしないFX商材一覧

2008年04月21日

ミリオネアFX
200万円からはじめて2年5ヶ月で資産1億3587万達成!
 ミリオネアFX


ショットガンFX
20万円からはじめて資産1億円達成
 ショットガンFX


これらのFX商材は至るところで詐欺商材だと叩かれていますね。
なんで?と思われるかと思いますが・・・

このシステムトレードは、バックテスト2年間では確かに
利益が出ています。
ですが、このバックテストは少なすぎると思われます。
また損切りを一切しないので・・・
お気づきの方もいるかと思いますが、損切りをしないということは、
資金にさえ余裕があれば負けることはないのです。
ですが、資金に余裕がないと
・・・そうです、強制ロスカットになってしまうのです。

システムトレードで勝ち続けることは困難です。
負けを小さくしていかに大きく勝つかが大事であるため、
損切りせずに負けトレードを認めないということになると、
いつか致命的なことになってしまうのです。

◇sarasaのコメント◇

私も以前、こちらのシステムトレードではありませんが、
100%の勝率という触れ込みであるFX情報商材を購入しました。
損切りは頭にはいれず、相場というものは、ある一定期間の
あとには必ずレートが戻るということでしたので、
塩漬けポジションをいくつも抱えながら、
相場が戻ってくることを信じてやみませんでした。

ですが結果は・・・400万をつぎ込んで300万近い損切りを
よぎなくされたのです。
そのとき保有していたのはユーロ・ドルでした。
身を切られる思いでそのときに損切りをしていなければ、
400万すべてを失っていました。

損切りというのは時には必要なことです。
ですから、損切りを認めないトレードというのは、
疑ってかかるべきだと思っています。


----------------------------------------------------------------

【マネーの虎FX!年商100億の虎”
 南原”が20億を稼いだシステムをついに公開!】
 ※販売中止!

◇sarasaのコメント◇

この商材をひとことで言うと、MACDのみで売買を行うというもの。
MACDはよく使われる分析手法の一つだが、これだけで売買をするのは
危険。
また、ポジションをとったと同時にリミット5pips+スプレッドで設定
する。リミットが狭いので利益確定しやすいように思うが、
そううまくいかないのが相場の怖いところ。
しかも、利益確定できなければ、利益が出るまでポジションを保有する
というもので、含み損を抱える内容となっている。

損切りをしない投資がどれだけ怖いかは、
2007年8月のサブプライムローン問題で多くの人が
経験していることだと思う。

ミリオネアFX、ショットガンFXと同様に
損切りをしない手法は、一時的には稼ぐことはできても、
必ず全投資金を失うことになる。

◇商材の内容◇

商品は ●FX自動シグナル算出ソフト
     ●ロジック解説PDF 1編〜5編
     ●マネーの虎 南原竜樹のオリジナルDVD

から構成されている。

本PDFは1編から5編までの構成となっている。
1編から4編までは投資に関する基礎知識やテクニカル分析の
説明
である。

この部分は丁寧な説明がされていると思うが、
これは市販の書籍で十分手にはいる情報であろう。

肝心の売買ロジックは5編で説明されている。
そのロジックとはセールスページでも記述されているように
MACDというテクニカル分析を使ったものである。

セールスページのチャート画像を見れば投資の知識がある方なら
ピンとくるのではないだろうか。

果たして5編を読み始めてみると想像どおり、
MACDのクロスをシグナルとするものだった。

クロスにはゴールデンクロスとデッドクロスの種類があり、
ゴールデンクロスは買いのサイン、デッドクロスは売りの
サインになる。
が、ここではゴールデンクロスを使った買いオンリーの方法と
なっている。

もう少し具体的に説明すると5分足でゴールデンクロスを確認
→1分足とティックチャートで最終確認

と言う手順で買い注文を出す。

セールページには
「これは独自のロジックを使用したシステムです。
これは、南原率いるプロジェクトチームが、過去のデータを分析し、
それを正確にシステムに反映させたロジックです。
完全にオリジナルの独自のシステムになります。」

とあるが、ここまでは前からある手法で特に目新しい点はない。
果たしてこの後にその独自のロジックが書かれているのだろうか。
続きを読んでみよう。

ポジションを持った後だが、リミットはスプレッド+5銭としている。

つまりスプレッドが8銭なら買値より13銭上にリミットを置くと
いうことである。

このリミット設定はスキャルピングなど1日に何回もポジションを
とる手法などではありうるが、通常では余りしない設定だろう。

確かにリミットを狭く取れば勝率は上がるだろうが、
1回当たりのトレードの利益が少ないために1回の損失でそれまでの
利益をすっ飛ばしてしまう可能性が大である。

もしポジションをとった後、値が下がったらどうするのか。
つまり、損きりの方法だ。これは投資法の重要な部分である。
その方法は2つある。

1つは逆の売りサイン、つまりデッドクロスがでたら決済する
というものだ。

ただし、買いサインでは詳細な説明があったのだが、
ここの部分の記述はこうあるだけだ。

「買いサインでポジションを取って売りサインで決済を行うのが
基本的ルールです」

これはいかにも不親切であるが、買いポジションをとる場合と
同様なルールを取ると解釈しよう。

しかしいつも売りサインが出るとは限らない。
その場合はどうするのだろうか。

答えはこうだった

「思惑通りにいかなかったら持ち越してでも我慢して値が戻るまで
待ち続けるのです」


ここで「え!」と思った。
多くの読者の率直な感想は「騙された!」であろう。

要するにポジションを塩漬けにして含み損に耐えろということか。

損切りをせず含み損を耐えるのは投資に於いては典型的な負け
パターンである。

その後こう続く。

「なぜなら買いのポジションはスワップ金利が発生するから、
多少下がっても待ち続けることによって利益がでるからです。」

そして値が戻ったら決済すれば、スワップ金利分の利益がでるとの
こと。

つまりこういうことだ。
買いシグナルが出て予測どおり値が上がれば5銭の利益を取り、
予測が外れて値が下がればスワップ狙いに切り替えて保有し続け、
値が戻ったら決済する。

作者は商材の中で
「マネーの虎は負けを認めない投資を目指す投資術です。」
と記している。

確かにいくら含み損を抱えていても決済をするまでは負けは確定
しないので、予測が当たれば決済、外れれば塩漬けにすれば勝率は
格段に上がるだろう。

売りサインが出て決済の場合を除いても勝率82.3%というのも
これで納得がいく。

しかしここで疑問がわく。
「果たしてそれで利益がでるのだろうか、塩漬けにしたポジションの
値が戻らなければ、いやその前に含み損の耐えられなくなったら
どうするのだろうか」

作者はそれは資金配分で乗り切れると考えているようだ。

作者は資金の10分の1の資金でポジションを持てという。
投資する通貨だが、
「為替で儲けを重視したい人はポンドで、
安全性を重視したいひとはニュージーランドドルで勝負します」
とある。

作中の例としてポンド円での取引例を上げている。
100万の資金だと10万の資金で1ロット(10万通貨)のポジションを
持つとする。
余剰資金は90万だから9円までの下落にたえられる。
(作中ではポンド、ニュージーランドドルなどとしか記載がない
がレートなどをみるとポンド円、ニュージーランドドル円のこと
と思われる。)

このような資金配分なら大丈夫とういうわけだ。

作者は文中でこう言い切っている。
「‥9円下がることは有り得ません。」

しかしこれは事実ではない。この机上の空論的な必勝法の破綻した
部分を「‥9円下がることは有り得ません。」
という論法で繕っているが、相場においてこれ以上値が動くことは
ない、と言うラインなど存在しない。

ついこの前もサブプライム不安から金融市場が混乱し、
8月16日のポンド円は1日で11円下落した。

投資家ならこの日の記憶は焼きついているはずだ。

上がる時はどこまでも上がるし、下がる時はどこまでも下がるのが
相場である。だから巨額の利益をあげる人もいるし、破産する人も
いるのである。

確かに年中頻繁に起こることではない。

しかしこのような微小な利益を小刻みに積み上げる手法では、
たまに生じることが1回あればそれまで積み上げてきた利益を
すべてを失うことになる。

これも投資経験者なら誰もがわかる理屈。

もっと資金があれば大丈夫、と作者は反論するかもしれない。
しかしそれは一般の人々にとっては現実的ではないし、
それをセールスページで述べていないどころかQ&Aでは
「今現在多くの資金を運用する事が出来ません。
どうすればいいですか?」
と言う質問に
「FXの魅力の一つとして少ない資金にレバレッジをかけて
運用する事が可能という事があります。
ご提案として10万円を用意していただき運用していただく事を
おすすめします。」
と答えている。

10万円では1万通貨しかポジションが持てないし、
1回あたりで得られる利益は500円だ。

500円の利益を狙うために10万円の資金をリスクに晒すことになる。

この手法を実践するためにはある程度の資金が必要である。
その事実をセールスページに記さずに、
利益が出たとき利益をカウントし、

「損失が出ても売らない限り損失ではない」

というカラクリを秘して

「これを購入した当日から勝率82.3%、年259.1%リターンの
システムで運用が出来ます。
あなたはこれを実践するのに何ヶ月も勉強したり、眠くなるような
分厚い本を読んだりする必要はありません。
今日たった今から利益を上げる事が可能です。」

と謳うことは
重要事実の不告知であり、誇大広告の可能性が高い。

立ち読みが出来、千数百円で購入できる一般書籍なら
ひとつの投資手法紹介本として十分許容範囲だが、
返金保証をつけるなど、あたかも投資での成功を保証することを
連想させ、返品を受け付けない条件で高額で販売する商品
としては消費者の利益を明らかに損なっている。

更に続きを見ていくと複数のポジションを持つ場合の方法として
ナンピン買いをより大きな利益を狙う場合としてブレイクアウト
での買い増しを紹介している。

しかしここには明確なルールの記述がなく、
裁量にまかせるということなのだろう。

ロジックの主軸をなす部分ではないがセールスページには
「間違っても裁量トレードをさせない」
「判断力を必要とさせる部分があってはいけない」とある。

これは虚偽広告と解釈されても仕方あるまい。

また、セールスページのバックテストでは5銭(pips)以上の
利益を取っている取引が多数あるのだが、
これはこの裁量部分を使用してのことだろうか。
作者に聞いてみたい部分である。

以上がPDFファイルに記載されたロジックから検証した結果である。

資金の余裕をもって損きりをせず、値が下がったらポジションを塩
漬けにして負けをカウントしなければ、理論上、
確かにセールスページにあるようなパフォーマンスは「数字上では」
可能かもしれない。

しかし狙う利益(5銭)に対して負うリスク(全資金)が大きく、
一度の失敗ですべて失う可能性がある。

これはいくら資金を大きくしても同じことである。
もしこの手法を実践しようとするのなら、かなりの資金が必要だろう。

一言で言うなら現実的ではない。損切りをせずに買い持ち
し続けることの危険はこの夏で多くの人が身をもって味わっただろう。

今回はソフトの到着が間に合わなかったため、
ソフトがこれらの疑問の部分に対応しているかなどは
検証できなかったが、届き次第引き続き検証したい。

最後にもうひとつ、この商品には返金保証がついているが
その条件はこうである。
「もし、あなたがマネーの虎FX自動シグナル算出ソフトを用いて、
13通貨ペアを資金30万円以上を5年間運用して、
更に南原のコンサルを受けて億を達成しなかった場合は、
商材購入時の価格で全額返金いたします」

商材のロジックも現実的でないなら、
返金制度の条件も現実的ではない。
この会社が5年後に存在するのかも不明だし、
利益のでないシステムを5年も使い続ける人も普通いないだろう。

現実的でない投資必勝法を販売して利益を上げる「マネーの虎」
こそが最も現実的な金儲けをしているのだ。

当ブログから商材を購入する場合には、インターネットのCookieが有効になっていないと、特典をお渡しすることが出来ません。
※sarasaから購入したことが確認できないためです。
商材購入前にはお手数ですが、Cookieが有効になっているか確認してから対象リンクより購入手続きをしてください。
Cookieが有効になっているかを確認するには、http://pri.bz/cookie.pdf を参照してくださいね♪
posted by fxintai at 13:06 | Comment(0) | FX情報商材 レビュー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。